町議会のしくみと運営

2017年5月8日
町議会

 町議会は、町民から選ばれた議員で構成され、町民の意思を代表・決定する機関で遠別町議会は9名の議員で構成されています。
 町議会には地方自治法により、議決権・選挙権・検査権・調査権・意見書提出権など多くの権限が与えられています。本会議においては、町長などから提出された議案(条例の制定・改廃、予算・決算の認定、重要な契約の締結など)の審議を行い決定します。

町議会の運営

 町議会には、定期的に開かれる定例会と、必要に応じて開かれる臨時会があります。
 定例会は、年4回(3月、6月、9月、12月)開かれます。

会議

 本会議は議案の審議を行い、議会の最終的意思を決める会議です。本会議を開くには、原則として議員定数の半分以上の出席が必要です。
 本会議では、町長(担当課長)が議案の提案理由の説明を行い、それに対して議員は質問や意見を述べ最終的に可決・否決などの決定をします。
また、定例会では議員が町長に対し、町の一般事務について所見を求め、疑義をただす一般質問があります。

委員会

 本会議で充分に審議し、また能率的に処理することが困難であることに対応して、議案の調査・審議に万全を期し、審議の専門化を図ることを目的に委員会を設置しています。
 委員会には常任委員会、議会運営委員会、特別委員会の3種類があります。常任委員会は町の事務に関する調査を行い、議案や陳情等を審査するために設けられる常設的な委員会で、これに対し議会運営委員会は、議会運営の円滑化を図るために、また、特別委員会は臨時的な事件、特に重要な事件等について審議するために設けられる委員会です。

全員協議会

 議長が主宰し、議員を招集する会議で、議案の審査または、議会の運営に関し協議、調整を行うための場として開かれます。

議会運営委員会

委員構成
委員長  中 村 光 年
副委員長  柏 谷 美 春
委員  小 森 嘉 孝
所管する事項
・議会の運営に関する事項
・議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項
・議長の諮問に関すること

常任委員会
 常任委員会委員の任期は、2年としています。

総務産業常任委員会

委員構成
委員長  柏 谷 美 春
副委員長  山 本 仁 美
委員  大 石 幸 夫 ・ 中 村 光 年
所管する事項
・総務課、経済課、農業委員会、選挙管理委員会、監査委員に関する事務及びその他の文教厚生常任委員会の所管に属しない事務

 文教厚生常任委員会

委員構成
委員長  小 森 嘉 孝
副委員長  木 村 秀 雄
委員  寺 崎 邦 昭 ・ 千 葉 光 悦
所管する事項
・住民課、福祉課、教育委員会、町立国保病院に関する事務

お問い合わせ

議会事務局