乳幼児期の予防接種

2022年4月1日

 

 乳幼児期の予防接種の種類について、ご紹介します

 

【乳児期に開始になるワクチン】

 

 1)ヒブ

  生後2か月~5歳に至るまで(接種開始時期により接種回数が異なります)

  

 2)小児用肺炎球菌

  生後2か月~5歳に至るまで(接種開始時期により接種回数が異なります)

 

 3)B型肝炎

  生後1歳に至るまでの間に3回

 

 4)四種混合

  生後3~90か月に至るまでに4回

 

 5)BCG

  生後1歳に至るまでに1回

 

 6)ロタ 

 

  令和2年8月1日以後に生まれた、次のア・イに該当する者

 

   ア.1価(ロタリックス)を使用:出生6週0日~24週0日後までの間の者-2回接種

   イ.5価(ロタテック)を使用 :出生6週0日~32週0日後までの間の者-3回接種

 

 

 

 

【1歳以降に開始になるワクチン】

 

 1)麻しん、風しん

  生後12~24か月に至るまでに1回

  5歳以上~7歳未満で翌年小学校へ入学する年の間に1回(小学校入学前の1年間)

 

 2)水ぼうそう

  生後12~36か月に至るまでに2回

 

 

 

【3歳以降に開始になるワクチン】

 

 1)日本脳炎

  生後6~90か月に至るまでに3回

 

   

 

 *詳細は、●予防接種について R3.4.1改定版.pdf(442KB)をご覧ください。

 

お問い合わせ

保健指導係
電話:01632-7-2125