地域包括支援センター

2020年4月1日

 

地域包括支援センター

 

 

 

 

地域で暮らす高齢者の心身の健康保持や福祉、介護など、生活上の相談など、高齢者の暮らしを総合的に支援するための総合相談窓口です。

 

地域包括支援センターの専門職が連携し、あらゆる相談支援、問題解決支援をおこないます。

 

 

「この町でいつまでも元気に暮らしたい」と思うみなさまを地域包括支援センターは応援します。

 

 

★相談方法は

  ・電話:電話で相談を承ります。

  ・来所:福祉課包括支援係の窓口(役場1階7番窓口)にお越しください。

  ・訪問:職員がご自宅に訪問することもできますのでお電話ください。

  ・緊急な場合は休日又は時間外でもお電話ください。

 

  *秘密を遵守いたしますのでご安心ください。

 

  

 

業務内容 

 

事業名

                                     事業内容

介護予防・日常生活支援総合事業

1.訪問型サービス

2.通所型サービス

3.訪問型サービスC(短期集中リハビリ指導)

4.包括的ケアマネジメント

  総合事業及び地域資源を活用し、自立した日常生活を継続す  るための支援を行ないます。

一般介護予防事業

1.介護予防把握事業

2.介護予防普及啓発事業

3.地域リハビリテーション活動支援事業

包括的支援事業(地域包括支援センター運営事業)

ア)      総合相談支援事業

高齢者の生活や介護など困りごとの相談を受け付け、適切

なサービスに繋げる等総合的な相談支援を行ないます。

イ)      権利擁護事業

虐待防止や消費者被害の防止など高齢者の尊厳を守ります。また、自分で財産などを管理できなくなった方に成年後見制度などを提案します。

ウ)      包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

介護支援専門員(ケアマネジャー)や地域を支える介護・

医療・福祉関係者など、さまざまな人と連携し協働し、高

齢者の皆さんが、地域で安心して生活できるように継続的

に支援します。

包括的支援(社会保障充実分)

 

 

 

 

 

 ア)      在宅医療・介護連携の推進

 在宅医療と介護の連携推進に関する取り組み

 イ)      認知症施策の推進

  認知症総合支援事業「認知症初期集中支援推進事業」及び

  「認知症地域支援ケア向上事業」への取り組み

 ウ)      生活支援サービスの体制整備

 多様な日常生活上の支援体制の充実、強化及び、高齢者の

 社会参加の推進を一体的に図っていくため、生活支援コー

 ディネーターの配置、介護予防サービスの体制整備を推進

包括的支援事業(任意事業等)

家族介護支援事業 「在宅介護手当」「認知症サポーター養成講座」「成年後見制度利用支援事業」等、地域の実情に合わせ必要な事業を実施。

遠別町介護予防支援事業所業務

介護予防支援サービス調整及び計画作成(ケアプラン)に関すること