新型コロナウイルス感染症について

2022年11月19日

 

■【道民の皆様へ】基本的な感染防止行動の実践をお願いします。

 

日常生活

 

〇 三密回避、人との距離確保、手指消毒、マスク着用、換気を徹底

     ➡ マスクの着用について|厚生労働省 

 

〇 高齢者や基礎疾患のある方、そうした方々と会う方の双方が

     基本的な感染防止行動を徹底

 

飲  食

 

〇 短時間、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用

 

検  査

 

〇 無症状で感染に不安を感じるときは、ワクチン接種の有無にかかわらず検査

     ➡ PCR等検査無料化推進事業について(北海道)

 

〇 有症状で重症化リスクが高く、診察を希望する場合は、

     かかりつけ医または健康相談センターに連絡

     ➡ 北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター(北海道)

 

〇 有症状で重症化リスクが低く、自己検査を希望する場合は、

     陽性者登録センターに連絡

     ➡ 北海道陽性者登録センター(北海道)

 

 

 

 

■新型コロナウイルス感染症に関わるよくある質問

 

よくある質問 回 答

療養期間が終了したが、

復職にあたり検査は必要ですか?

 

・いいえ、検査の必要はありません。

   陰性になるまでには1~2ヶ月かかる人もおり、

   療養期間を過ぎていれば感染力はありません。

 

・ただ、発症日から7日間で療養終了となる方は、

   10日目まではわずかなウイルスの排泄がありますので、

 集団での会食や高齢者との濃厚な接触は控えて下さい。

 

コロナ感染を疑う症状があります。

どこに受診したら良いですか?

 

・64歳以下で重症化リスクがない方は、市販薬で様子をみていただき、

   ご自身で用意した抗原検査キット、または北海道陽性者登録センター

 検査キットの配送を希望して、検査をしてください。

 

・陽性になった場合は「北海道陽性者登録センター」で陽性判定の申請をしてください。

 なお、北海道陽性者登録センターはWEB申請です。

 

 申請先の案内は、北海道のホームページをご覧下さい。

 北海道陽性者登録センター(北海道)

 

・重症化リスクのある方(65歳以上の方、基礎疾患のある方、妊娠している方)は、

 かかりつけ医に相談してください。

 

・体調にご不安がある方は「北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター」に

 ご相談ください。

 

検査キットで陽性となりました。

受診は必要ですか?

 

・64歳以下で重症化リスクがない方は、必ずしも受診は必要ではありません。

 市販薬で様子をみていただき、「北海道陽性者登録センター」で

 陽性判定をうけてください。

 

・重症化リスクのある方(65歳以上の方、基礎疾患のある方、妊娠している方)は、

 かかりつけ医もしくは保健所に相談してください。

 

・体調にご不安がある方・体調が悪化した場合は、

 「北海道陽性者健康サポートセンター」にご相談ください。

 

検査キットは

どこで購入できますか?

 

・検査キットは、「体外診断用」または「第一類医薬品」を使用してください。

 薬局または薬剤師のいるドラッグストア、インターネットでも購入できます。

 (遠別町内では、キタ調剤薬局で販売しています)

 

・また、症状がある方は「北海道陽性者登録センター」への

 電子申請で申込むことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

■ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について

 

下記のページでは、道民の皆様、事業所・学校等の方々にお願いする対応の手順や留意事項等をまとめていますので、

ご参照の上、もしもの時に備えていただくとともに、ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときには、

これらに沿ったご対応をお願いします。

詳しくは、下記リンク先よりご参照ください。

 

ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について

 

 

 

 

 

■「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」の開設について  

 

北海道では、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐための「受診・相談センター」と、

「感染症に関する一般相談」の電話番号を全道で統一した「北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター」を設置しております。

 

特に年末年始においては、診療機関の休業等により、かかりつけ医がいる方、かかりつけ医がいない方を含め、相談先等に悩む方もおります。

発熱など風邪症状のある方は、一般の当番医療機関を受診するのではなく、事前にかかりつけ医、

また、かかりつけ医がいない場合は、「北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター」へご相談ください。

詳しくは、下記リンク先よりご参照ください。

 

 

「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」

  • 相談先電話番号:0120-501-507(フリーダイヤル)
  • 上記相談窓口は24時間対応となっております。
  • 札幌市・函館市・旭川市・小樽市にお住まいの方は、各市保健所へご相談ください。

 

※年末年始等、かかりつけ医のいる診療機関が休業中の方は、相談窓口へご相談ください。

※電話番号のおかけ間違いにより、一般の方にご迷惑をおかけする事象が発生しています。

 センターへのご連絡の際は、電話番号を確認のうえ、おかけ間違いのないようお願いします。

 

 

 

 

 

 

■「北海道陽性者登録センター」の開設について  

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、診療・検査医療機関(発熱外来)の予約が取りにくい等の状況を踏まえ、

道では、診療・検査医療機関に負担をかけずに迅速な陽性判定を行うことができるよう、

 

有症状で重症化リスクの低い方への抗原定性検査キットの配付や、

自己検査等で陽性となった方の陽性者登録を行う「北海道陽性者登録センター」を設置しています。

 

ご自身で購入するなど、事前に用意された検査キット(※)を用いた自己検査で陽性となったもご利用いただけます。

検査キットは、「体外診断用医薬品」として国に承認されたものに限ります。(「研究用」は対象外です。)

詳しくは、下記リンク先よりご参照ください。

 

 

北海道陽性者登録センター (北海道)

キット配付・陽性者登録に関するお問合せは、下記連絡先までお問合ください。 

 
【後志、胆振、日高、渡島、檜山地域の方】 電話番号:0120-607-601【受付時間 9:00~17:30】
【上記以外の地域の方】 電話番号:0120-025-451【受付時間 9:00~17:30】

 

 

 

 

 

■「北海道陽性者健康サポートセンター」の開設について  

 

新型コロナウイルス感染者の全数届出の見直しに伴い、道では、令和4年9月26日(月)から、

ご高齢の方や重症化リスクの高い方などに適切な医療を提供するため、

症状が軽い方には、ご自身での健康管理による自宅療養を基本とし、体調が悪化した場合の相談に対応する、

「北海道陽性者健康サポートセンター」の運用を開始しております。

 

北海道陽性者健康サポートセンターでは、必要に応じて保健所と連絡調整を行い、医療が必要となった方を適切に医療につなぎます。

体調が悪化した場合は、「陽性者健康サポートセンター」へご相談願います。

詳しくは、下記リンク先よりご参照ください。

 

北海道陽性者健康サポートセンター

  • 相談先電話番号:0120-303-111(フリーダイヤル)
  • 上記相談窓口は24時間対応となっております。
  • 札幌市・函館市・旭川市・小樽市にお住まいの方は、各市保健所へご相談ください。

 

 

 

 

 

 

■新型コロナウイルスによる人権侵害に関する相談窓口について

 

新型コロナウイルスは、誰もが感染してしまう可能性がある病気です。

悪意のない言動が人権侵害につながることがあります。

思い込みを避けて、正しい情報を確認し、過剰な反応は控え、冷静に思いやりを持った行動をお願いします。

 

なお、新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。

病気など様々な事情で接種を受けることができない人、受けることに注意が必要な人がいます。

接種を受けていないことを理由とした誹謗中傷・差別・偏見がないようお願いします。

それぞれの事情に配慮した感染対策を考えましょう。

 

「新型コロナウイルス人権侵害相談窓口」が設置されておりますので、お知らせいたします。

詳しくは、下記リンク先よりご参照ください。

 

新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について  

 

 

 

 

 

■新型コロナウイルス感染症に関する情報について

 

基本的対処方針に基づく対応|内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室 (corona.go.jp)

 

新型コロナウイルス感染症について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

新型コロナウイルス感染症に関する情報 - 保健福祉部感染症対策局感染症対策課 (hokkaido.lg.jp)