新型コロナウイルス感染症に関連する人権相談窓口

2021年4月20日

 新型コロナウイルス感染症が広がり続けている中、感染された方々やその家族、医療・介護従事者、濃厚接触者などの皆様に対する偏見や差別、心ない誹謗中傷、いじめ、過剰な反応・対応を強いられている方々がいます。
 この感染症について、不安をお持ちの方々が多いと思いますが、正しい情報をもとに理解を深め、思いやりのある行動をお願いします。

 

 「困ったときは、ひとりで悩まず、相談してください」

 

 リンク:法務省HP 新型コロナウイルス感染症に関連して-差別や偏見をなくしましょう-

001323408.png

 

 

▼新型コロナウイルス感染症に関連する差別的取扱い等の防止について


 「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」が令和3年2月3日に可決され、2月13日に施行されました。
この改正により、感染者やその家族、医療従事者等の人権が尊重され、差別的取扱いを受けることのないよう、偏見や差別を防止するための規程が設けられました。


 差別的取扱い等の防止の概要.pdf(580KB)

01pictogram_jinken.jpg 02pictogram_jinken.jpg

 

 

▼北海道の相談窓口


 新型コロナウイルスに関連する偏見、差別などの人権相談を受け付けています。
 電話:011-206-0497(平日 9:00~17:00)
 メール:cov.jinken@pref.hokkaido.lg.jp
 リンク:北海道HP 新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について

 

 

▼国(法務省)のインターネットによる人権相談窓口


 リンク:法務省HP インターネット人権相談受付窓口

 

 

▼電話による人権相談窓口


 〇みんなの人権110番  0570-003-110(平日 8:30~17:15)
 〇子どもの人権110番  0120-007-110(平日 8:30~17:15)
 〇女性の人権ホットライン 0570-070-810(平日 8:30~17:15)
 〇外国語人権相談ダイヤル 0570-090-911(平日 9:00~17:00)