町長のコラム

2021年1月26日
 1月23日、町内の高齢者を対象に除雪作業のボランティアがありました。
 遠別町青年部連携地域活性化実行委員会の活動として、75歳以上の一人暮らし約40世帯を対象に、例年にない大雪に見舞われた高齢者の除雪作業を助けようと、急遽、支援事業として行っていただきました。
 町の宝でもある若者達が、助け合いの精神で高齢者を支援していただき、誠に感謝申し上げます。
 
青年部連携_除雪ボランティア01
青年部連携_除雪ボランティア02
 
 

 
 12月28日、有限会社後藤水道(後藤美喜代表取締役)から、消毒液及びハンドソープの寄贈(各100個)がありました。
 新型コロナウイルス感染予防のため、町内の公共施設及び小・中学校、幼児センター等で活用させていただきます。
 ご厚志に感謝いたします。
 
後藤水道_消毒液・ハンドソープ寄贈
 
 

 
 12月25日、オロロン農業協同組合(長谷川裕昭代表理事組合長)から、鏡餅の寄贈がありました。
 JAオロロン産の新米で作った鏡餅の贈呈は、毎年、豊作を記念して行われ、役場庁舎1階ロビーに飾って、新年を迎える恒例行事となっています。
 
オロロン農業協同組合鏡餅寄贈
 
 

 
 去る11月3日、令和2年度遠別町表彰式が挙行され、遠別町に多大な貢献をされた皆様に対し、感謝の意を込めて表彰するとともに、今後とも、遠別町の更なる発展のため、より一層ご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げさせていただきました。
 
遠別町表彰式
 
 

 
 10月18日執行の遠別町長選挙において、無投票により当選となりました。
 無投票での当選は「100%の町民の信頼を得た訳ではないもの」と気を引き締め、みなさまから任された重責を厳粛に受け止め、全力を挙げて町政運営に取り組んでまいります。
 山積する課題を着実に解決し、「孫・子に残せる遠別」が実現できるよう、今後の4年間も町民のみなさまとともに、「まちづくり」を進めてまいりたいと思います。
 
遠別町長当選証書付与式
 
 

 
 新型コロナウイルス感染症対策として、幼児センターきらり、小学校、中学校に児童・生徒の体調管理のため、サーマルカメラ(表面体温計測)を設置します。
 安心して通園・通学できるよう、引き続き町民一丸となって感染予防対策をお願いします。
 
サーマルカメラ.jpg
 
 

 
 元遠別町議会副議長 髙栁 富一氏が、地方自治の発展向上などに寄与された功績により、「旭日單光章」を受章され、去る7月3日、町長室にて伝達を行いました。
 この度の受章は、本人・ご家族はもとより当町にとりましても名誉で、誠に喜ばしい限りであり、心からお祝いを申し上げます。
 
叙勲伝達式
 

 
 6月22日、議会臨時会が開催され、新型コロナウイルス感染症対策(第2弾)として、プレミアム商品券発行事業など5つの事業を新たに追加しました。 
 「新北海道スタイル」を着実に実践し、町民の皆様と共に感染拡大の防止と遠別町内の経済の活性化を図って行きましょう。
 
新型コロナウイルス感染症対策第2弾
 
 

 
6月7日、「花いっぱい運動」の一環として、各町内会の花壇に「マリーゴールド」など色鮮やかな花々が街の中に飾られました。
 事業に参加していただいた町民の皆様には、心より感謝申し上げます。
 
花いっぱい_01花いっぱい_02
 
 

 
 6月3日 ()引谷設計事務所から、マスクの寄贈(50枚入×120箱)がありました。 
 ご厚志に感謝します。(町長不在のため、副町長が受領しました。)
 
マスク寄贈