トップ記事町長のコラム(令和6年度掲載分)

町長のコラム(令和6年度掲載分)

更新

令和6年5月21日更新

5月15日役場1階会議室において、地域の一層の活性化及び町民サービスの向上を図るため、ヤマト運輸(株)と包括連携協定を締結いたしました。

災害・地域づくり・観光支援・物流・環境保全・ふるさと納税など、様々な分野において相互に連携し、本町の課題解決に向け協力して取り組んでいただけることとなりました。

物流業界においては、労働時間及び人員確保の問題など大変苦慮されていることと思いますが、本町についても微力ながら協力できることは協力して参りたいと考えております。

ヤマト.jpg

令和6年5月1日更新

4月27日、「遠別町屋内こども遊戯場・テレワーク施設」のオープンセレモニーが開催されました。

第3セクターの施設であった「とんがりかん」の無償譲渡を受け、遠別町のランドマークである建物の再利用の方法を長く検討した結果、建物内部を大幅改修し、1階はボルダリング、アスレチック等を含む子ども遊戯スペース、2階はコワーキングスペースに改修し、外観はとんがりかんの形を継承しております。

道の駅えんべつ富士見、富士見ヶ丘公園キャンプ場、海水浴場、パークゴルフ場などの複合施設として、多くの利用者が来場していただけることを期待しているところであります。

オープンセレモニー終了後には、ゴールデンウイーク初日ということもあり、町内外から、多く来場者があり、遊戯場で楽しんでいる子どもの姿がありました。

これから、夏本番、観光シーズンを迎えます。多くの観光客が遠別町のランドマーク「とんがりかん」に立ち寄っていただけることを願っております。

無題.png

令和6年4月1日更新

令和6年度もスタートし、私の任期も残り僅かとなりました。

診療所も4月1日から開業となり、新しい診療所長も着任されました。町民の安心・安全、地域医療確保のため、ご協力をお願いしたいと思います。

また、屋内こども遊技場・テレワーク施設「とんがりかん」も4月末のオープンに向け準備を進めております。道の駅周辺の一体的な利用を期待するところです。また、長年閉鎖していた「さわやかトイレ」をふるさと納税を活用し、コインランドリー施設に再生して、町民の利便性向上と関係人口の増加に努め、活気溢れる遠別町を目指して努力してまいります。

物価高の影響で建設費が高額となっている遠別中学校の建設も、今年度から着手する運びとなりましたが、町民・議員各位から心配されている事業費については、住民サービスの低下、町民の負担増とならぬよう、行政として財源確保に努め、「建てて良かった」と言われる施設となるよう、有効活用の方策を引き続き検討していきたいと考えております。

これからも住んで良かったと言える街づくりを進めてまいりますので、町民の皆さまのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

写真1
診療所外観
写真2
診療所内観
写真3
とんがりかん外観
写真4
とんがりかん内観

カテゴリー